プロフィール

エッサ

Author:エッサ



最新記事


最新コメント


リンク


フリーエリア


月別アーカイブ


検索フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三角形のカテドラル&シェルケース

ここ数日暑い日が続いていますね。

みなさんお身体大丈夫ですか?

私は夏バテすることなく、順調に体重が増えております(笑)


土鍋釜のコンピを作ったあとから講習会用にと
カテドラルドウィンドウを作り始めました。

カテドラルドウィンドウには私が習った方法の他にも
色んな作り方があって一度試してみたくてしかたがありませんでした。

今回送られてきた「ハンディクラフツ」日本手芸普及協会 や
黒羽志寿子先生の「黒羽志寿子のテクニックノート」日本ヴォーグ社
昔のキルトジャパンなどを参考にしてみました。

形も色々あるんですね。

三角、正方形、長方形、長方形と正方形を組み合わせたもの…。

お師匠さまから教わってきたのはまた別の作り方。

縫い合わせた部分を表としてみるか、裏としてみるか、
はめ込み布もまつる側の下にも入れてあったり…。


デザインを考えサイズを決め、作り始めてみました。

DSC_1303.jpg

三角形のカテドラルです。

まあ、これが大変!

三角形の先が集中した部分は穴があきやすいし、
まつりつける部分もおのずと先が細くなる。

きっと作るのはこれが最初で最後だろうなあ。

せっせとまつっていたのですが、
これを講習会で作りたいと思う方がいらっしゃるだろうか…ふと、頭をよぎり、
急に手が止まってしまいました。

うーん、やっぱり簡単な四角のほうがいいかもしれませんね。

これはこれで作り進めるとして
クリスマス用に考えていた四角のカテドラルのほうも
急いでとりかかる必要がありそうです。


……なんて思ってはいるのに、わかってはいるのに、
また別のものを作ってしまいました。

コットンタイムの7月号を参考に作ってみました。

DSC_1300.jpg

反対側。

DSC_1301.jpg

開けたところ。

DSC_1302.jpg

コロコロした感じでかわいいですよね。

ファスナーもないのにパクンと閉じるんです。

コットンタイムに載っていたのはもっと小さなサイズだったのですが
大きく(16センチ)製図をしなおし作りました。

縫い方も自分の作りやすいように変えてあります。

興味のある方、コットンタイムの7月号買ってみてくださいね。

型紙のダウンロード販売も始まったとありますので
検索してみるのもいいかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://essaquilt.blog135.fc2.com/tb.php/203-dc223ec4

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。