プロフィール

エッサ

Author:エッサ



最新記事


最新コメント


リンク


フリーエリア


月別アーカイブ


検索フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び先生と呼ばれて…

小さい頃からずっと保母さんになりたいと思っていた。

高校生になって、いざ進路を決める段になったとき
信頼する家庭科の先生に相談した。

その頃はネットなんて便利なものはなく、
保母さんになるにはどうしたらなれるのかさえ知らなかったからだ。

「調べておくわね。

 保母さんは人気の職業だし、これから先は子供も減っていくし…。
 (その頃はスチュワーデスと1・2を争う人気の職業だった)

 エッサさんなら裁縫も上手だし、センスもあるから
 そういった道もいいかなあと先生は思うんだけどな」

…みたいなようなことを言われてその気になり、

それまでずっとなりたいと思っていた
保母さんという夢をあっさりと捨て、洋裁の専門学校へ。

そこで2年間洋裁の勉強した。



それでも子供が好きなことには変わらず、
就職先は子供服メーカーを希望していた。

そしたらまたそこで担任の先生に

「高校生のときの数学の成績もよかったし、
 ファッションコンピューターの成績もよかったし、
 洋裁の成績もいいし、

 学校に残ってパソコンの勉強をしながら
 ファッションコンピューターを教える道は考えられない?」

…みたいなようなことを言われてまたまたその気になり、
姉妹校である情報の専門学校へ就職した。

そこで初めて『先生』と呼ばれることになる。



結婚してからはずっと専業主婦だった。

子供が生まれ、かわいすぎて、愛しすぎて、
上の子が幼稚園に入ったときにはさびしくて大泣きした(笑)

そして下の子が入ったときもまた大泣きした(笑)

小学生になると帰宅しても友達と遊びに行ってしまって
どんどん、どんどん、さびしくなった。

もっといっしょにいたいのに…


これではいかん!と…

このままでは子離れできない親になる!と…

好きだった手芸にあれこれ手をつけ
そういうことに夢中になることにした。

ドールハウス、編み物、レース編み、子供服…あれこれやった。

その中ではまってしまったのがパッチワークだった。


よし!この道で行こう!

資格をとっていずれ教えられるぐらいまでになろう!

目標を持って生きていくことで
徐々に子離れできることにつながると思って始めた。


そして念願のパッチワークの講習会を
手芸店で始めることができたのが、5年前。

ここで2回目の『先生』と呼ばれることとなる。


その後のことはご存知の方はご存知なのではぶかせていただいて…


パッチワークの講師の仕事は去年の6月で辞め、
安定した収入のある職を求めて就職活動すること約8ヶ月(もっと?)

今週から保育園の時間外保育の仕事を始めた。

そして3回目の『先生』と呼ばれている。


なんだか、すご~く遠回りして、
一番なりたかった『先生』になったのかな。

若い頃には感じることもできなかった…
親になってわかった子供の命を預かるという仕事に躊躇はしたけど

仕事を始めてしまえばかわいさのほうが勝ってしまう!

なんてかわいいんでしょう!

先輩方にも恵まれ、みなさんやさしいし、
丁寧に教えてくださるし、
(お世辞だと思うでしょ?ほんとなんだなあー!)

この仕事を選んでよかったと思っている。

これから色々あるのかもしれないけど…

とにかく、子供たちに何か間違いがないよう
それだけは気をつけなければいけない。



…と、長々と自分の言いたいことを書いてきましたが…
(興味のない方、つきあわせてしまってごめんなさい



時間を作ってはキャンドルウィックも頑張ってやってます。

DSC_2395.jpg

DSC_2397.jpg

いっきにできないので、なかなか大きさも間隔もそろってませんが
仕事を始めた緊張をほぐすのにいい感じです。

仕事に慣れたら、新しいものも作り始めたいなあ。

しばらくはオクタゴンの花にポツポツを増やしていきます。

ただ、そろそろ糸がなくなりそう…



今日もおつきあいくださり、ありがとうございました。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ



スポンサーサイト

コメント

コメント読みながら、へえ~~そうなんだあ!!と、まじまじと読んでしまったよ(^O^)
最終的には・・・まだ、最後ではないかもしれないけどさ~、夢は、かなり近いところまで、叶うもんなんだね。私もさ、手芸好きな女子だったので、子供の頃、夢見たのはもしかすると、今のような感じかもよ!お仕事、やっと、楽しめる年代になったかな!って、思います。
2014-02-27 17:29 | MAKO #mQop/nM. | URL [ 編集 ]

そんなに疲れてないみたいねぇ〜

そろそろ,何か書き出すんじゃないのかなぁ?って 思ってたの。
随分昔っから思ってたところに たどり着いたみたいだねぇ〜。
よかった、よかった!!!でも,そこもやっぱり,通過点!
終着地なんて何処だか解んないんだから〜〜
やりたい事,何でも挑戦!出来る時が〜〜〜でしょ!!!

仕事を終えてから 家で針が持てるって 最高じゃない!
時間配分は大丈夫?ゆっくりペースを探して下さいな!
2014-02-27 18:43 | メーメー #/Cc3pzXQ | URL [ 編集 ]

MAKOさん

かなり悩んだんですよ。
若い頃なら「なりたい!」という気持ちだけで突き進んだかもしれないけど、
子育てをひと段落して、命を預かる重さを知り、
かわいいだけではない子供たち…。
その重圧に耐えられるか?またかわいいと思えるか?…と。
赤ちゃんを抱っこしたらそんなのすっとんじゃいましたけど。

でもいつかまたパッチワークの講師の仕事もしたいなあ。
やっぱりパッチワークは好き!
定年を迎える頃にはその道も考えています。
それに定年迎えるまで身体が持つかわからないし(笑)
MAKOちゃまは今のお仕事ぴったりよ!
私も近くに住んでたら教わりにいきたいもの。
これ、ほんと。お世辞じゃないわよ。

2014-02-27 20:55 | エッサ #- | URL [ 編集 ]

メーメーさん

いえいえ、今夜は疲れがどっと出ております(笑)
週に5日間のお仕事はさすがに疲れます。
覚えることもいっぱいあって、
今まで(学生の頃のアルバイトを含めて)経験したことのない職種で
いっぱいいっぱいになっております。
ただ、時間が短いので、どうにか復活できてますが。

通過点…そう言っていただいて少し気がらくになりました。
そうですよね。
これが最終ではなく、他に道があるかもしれない。
何でも挑戦ですよね。

生活のリズムがつかめてきたので
昼間時間を作ってチクチクしてます。
家のこともできるので、
汚れて気になっているのに掃除ができないとか
出勤前に夕飯を作ったり準備をしていくので
疲れてスーパーのお惣菜ってこともなく
ストレスをためずにすみそうです。

はい!ゆっくりまったりチクチクしま~す!

>そろそろ,何か書き出すんじゃないのかなぁ?って 思ってたの。
それにしてもメーメーさんはするどいな(笑)
思わず吹き出しちゃいました。
2014-02-27 21:13 | エッサ #- | URL [ 編集 ]

そっか、そっか~保育士さんになったんですね♪
私も、時々保育士だったりしましたが、子どもたちが可愛くて~おもしろくて~(^O^) 
憧れていた仕事が、一番楽しい仕事だと思うよ~よかったね(*^^)v

パッチワークも頑張っていて~エッサさん充実してますね。
2014-02-28 16:06 | ごん太 #- | URL [ 編集 ]

やっと念願の『先生』になれて、おめでとうv-353
長い長いいろんな道を歩いてきたけど
何にも無駄では無かったって、読んでいてそう思いました。

本当に子供って可愛いよね。
私も姪の子供たちが保育園へ行ってて
この春からは又ひとり学校へ行く子もいるけど。

自分の子を持ってわかる可愛さですよね。
『先生』いつも笑顔で楽しんで下さいね。

オクタゴンも素晴らしいし。ゆっくりで良いから
完成待ってますね

今週月曜日嫌な事があったけど
エッサさんのお話読んで元気頂きました。
ありがとうe-257
いいお話ありがとうv-352
2014-02-28 16:31 | ちくちくHOUSE #- | URL [ 編集 ]

エッサさん、こんばんは~!!
むふふ。。。
同じにおいがする(笑)
私もシステムエンジニアに就職したものの、
子育てのためにすべて放って、そして今は
パッチのお教室しながらくもんの先生。
2歳から70歳までの”先生”ですが、
生徒さんだけでなく、生徒さんのご家族や先生同士や・・・
人と接する仕事って素晴らしいなって思っています。
特に子供って素直なんだよね~~(*^_^*)
エッサさんが自然に笑顔でいられる職場なのがよ~くわかります!!
”ここだ!”って思える職場での出来事はどんなに大変なことでもがんばれるんですよね~
私たちが、そういう職場に行きながらイキイキと生活する事って、
これから社会に出る子供たちの目にも素敵に映ると思います。
ナイスなタイミングでの新生活ですね(*^_^*)
がんばれ~~!!
2014-02-28 20:25 | KAHORU #- | URL編集 ]

ごん太さん

昔は保母さん…今は保育士さんなんですよね。
スッチーもキャビンアテンダントですもんね。
まさかこんなに遠回りして子供の頃の夢にたどり着くとは
私も思ってませんでした。
商品を扱う仕事なら間違いがあっても
お客様に謝ってゆるしてもらうこともできるけど
命を預かる仕事はやはり気を使います。
何かあったら大変といつも緊張しています。

パッチワークは好きなものをゆっくりまったり進めてます。
そのうち慣れてきたらサークルでも始めたいなあとか
いずれまた講師の仕事もしたいなあとか
あれこれ考えています。
今は仕事に慣れるのが一番ですね。
2014-02-28 21:00 | エッサ #- | URL [ 編集 ]

ちくちくHOUSEさん

何も無駄ではなかったんですよね。
そう言っていただけて気持ちがらくになりました

私の人生、いつも人の言葉に左右?影響?を受けてきたなあと
自分で自分のやりたいことを貫いたことはなかったなあと…。
まあ講師をやめたのは
貫きたくても貫けなかった理由があったわけですが(笑)
きっとまたパッチワークも何かにつながってくれることでしょう。

子供も自分の子供が一番かわいいものじゃないですか、母ならば。
子育てが済んだ今、かわいく思えるだろうかと心配でしたが
子育てが済んだからこそなお更かわいく思えるのかな。

いやなこともあれば、いいこともありますよ。
ちくちくさんの頑張りはちゃーんと誰かが見ててくれるはずっ!
私も見てますよ~!

2014-02-28 21:17 | エッサ #- | URL [ 編集 ]

KAHORUさん

KAHORUさんが仕事を始めたとき、
くもんの先生もやめずに続けられると知って
身体のことを心配しましたが…
KAHORUさんは子供たちからエネルギーをもらっていたんですね。
もちろん神経を使うし、覚えることもいっぱいで疲れますが
癒されることもいっぱい、いっぱいあって、他の仕事とは違います。
私も人と接することが好きなんだなあとつくづく思います。
寂しがりやだしね(笑)

くもんって2歳児からいるんですか?
そりゃあ、かわいい!
70歳の生徒さんには逆に教わることも、励ましていただくことも
ありますよねえ。
幅広い先生ですね。
いいなあ。やっぱり私もめざすかっ!(笑)

ちょっとバタバタしている新生活ではありますが
なんとか乗り切っていろんなことをこなしていきたいです。



2014-02-28 21:39 | エッサ #- | URL [ 編集 ]

おめでとうございます☆彡

こんにちは♪
その節はどうもすみませんでした('◇')ゞ

夢の実現おめでとうございます。
エッサさんがより大きく輝くときが来ましたね!
若い頃の経験はすべてこの日のためだったのですね。

私もチャンスというか
大きな選択があったけど
迷って迷って
結婚を選びその道を絶ってしまいました。
いろいろなこと勉強してきたのに。
今の私には得たものは活かされてないし
そのような環境ではないし。
…などと年を重ねるとこんなことを考えてしまうわけです。
エッサさんが羨ましいです♡
2014-03-01 13:02 | あんず #- | URL [ 編集 ]

あんずさんだぁー!わーい!わーい!ワーイッ♪ヘ(^ω^ヘ)(ノ^ω^)ノワーイッ♪

結婚というのは女にとってかなり太い分岐点ですよね。
仕事も続ける人、続けない人、しないといけない人(私ですが)と
だんな様や嫁ぎ先の影響もかなり受けます。
住むところだって、まさか、まさかの千葉ですからね。
ずっと地元にいたかったし、そういう人を選んだはずなんですがi-201(あれ?あれ?あれ?)

あんずさんはきっと最初にやりたいことができる環境にあったのですね。
迷って、迷って、結婚を選ばれるぐらいの。
そういうものに出会えてうらやましいです。
私はどれもあっさりとやめてしまえるぐらいのものでしたから。
パッチワークの講師だけは心残りですけど…。
初めて自分で選択して成し遂げたことだったので。

年を重ねるとちょっと人生振り返ってみたりしますよね。
これからの残りの人生について考えてみたりして…
私の場合、不安材料が多いのですが…
いい人生だった!…と思って終わりたい!(笑)
2014-03-01 16:22 | エッサ #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://essaquilt.blog135.fc2.com/tb.php/357-45aa6548

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。